#楽活!収入増やして人生を楽しく!

中央競馬の予想ブログ

キングダム展-信- どこで開催?いつまで?所要時間は?知らない人も楽しめる? 

東北歴史博物館で開催中の大規模原画展に行ってきました!



 

宮城県多賀城市で開かれている人気漫画「キングダム」の原画などを集めた展覧会の来場者が2月16日、1万人を超えました。記念すべき1万人目となったのは、なんと、沖縄県から訪れた高校生です!

多賀城市の東北歴史博物館で開かれている、「キングダム展ー信ー」。歴史漫画の「キングダム」は、紀元前の中国、春秋戦国時代で天下の大将軍を夢見る主人公の「信」と、中華統一を目指す若き王で、後の秦の始皇帝「政」の物語を描いています。
東北初開催となる今回の展覧会では、作者の原泰久さん直筆の原画など、およそ400点が展示されています。開幕からおよそ1カ月となった2月16日。

「おめでとうございます。1万人目の入場者になります」

伊藤瞳アナウンサー
「お客さん1万人突破です。大きな拍手がおくられています」

記念すべき来場者1万人目となったのは、高校生の安室佑さん(18)です。キングダムの大ファンで休みを利用してなんと、沖縄県から遠路はるばるやってきました。安室さんには記念品が贈られました。

安室佑さん
「素直にうれしい気持ちで、まさか自分が1万人目になるとは思わなかったので驚いているのとうれしいです。原画はなかなか見れないと思うのですごく楽しみです」

「キングダム展ー信ー」は3月12日まで開かれています。

-仙台放送ニュースチャンネルより-

 

 

 

 

①キングダム展とは

写真撮影可能は数か所のみ。この原画展のために描いた作品も多数!



「週刊ヤングジャンプ」(集英社)に連載中の大人気漫画 『キングダム』 。 第1話「無名の少年」から第438話「雄飛の刻(とき)」までのストーリーで、仲間や敵との出会い・別れを糧に成長を遂げる主人公・信を中心に展示構成する本展では、原 泰久氏全面監修のもと、「信」の物語を再構築。400点以上の直筆生原画や、本展のために描きおろされたイラストを約20点展示し、感動の名場面を生原稿と巨大グラフィックで再構成してお届けする、これまでにない規模の原画展です。

【山の民サタデー】
土曜日にご来場の方に“山の民”のお面をプレゼント!
※有料観覧券必要

【キャラクターしおり】
土曜日以外の開館日にご来場の方に“キャラクターしおり”をプレゼント!
※有料観覧券必要

-公式サイトより-

 

土曜日のお面とても人気、、でもお面いらないな~って思って平日に鑑賞、ラストにはお面にしておけばよかった~と後悔。そんなシーンがあるんです!

 

 

1:初の大規模原画展-所要時間は1時間半ぐらい-

作者のサイン色紙が入口に!

物語を順番に、名シーンを見ながら進んでいきます。

読み応え、見ごたえ満点。その圧倒的な大きさ、広さに、ひとつひとつのシーンに没入。

壁一面の絵や天井から吊っている絵など、漫画では得られない迫力があります。

名シーンだらけでじっくり楽しみました。

気持ちゆっくり目に見て1時間半から2時間、外に出たときは、もうこんなに時間経っていたんだと、時間を感じさせない展示でした。駆け足で見ても1時間ぐらいでしょうか、時間に余裕をもって鑑賞するといいと思います。

動画はなく、原画にこだわった展示となっています。

 

2:原作を読んだことないけれども

舞台もあるようです!




映画キングダムは1作目を鑑賞していてけっこう知っている、と思っていましたが、実際には1作目の部分は最初のほうですぐに終わってしまって、ほとんどは見ていないのと一緒でした。

けれども、とても楽しめました。ストーリー通りに進んでいくのがよかったように思います。

原作を読んでみたいと思いましたし、読んでいたなら、その人たちには別の面白さがあったのだろうと想像できます。

どんな人も楽しめる、そんな展示でした。

 

rakukatu-singark.jp

 

 

 

②キングダム映画は

 

アニメも人気!



アニメは見たことがありません。アニメも面白そうです。

 

1:映画概要

天下の大将軍の実写俳優は大沢たかお!



 

『キングダム』は、2019年4月19日に公開の日本の映画。原作は原泰久による漫画『キングダム』。主演は山﨑賢人。原作の1巻から5巻の部分を実写化したとされる。

概要
2018年4月のコミックス第50巻達成を記念して実写映画化され、連載10周年記念動画で信役を務めた山﨑賢人が主演になった。監督は佐藤信介。1年にわたる脚本会議には作者の原泰久も参加し、「納得の脚本」と太鼓判を押した。

2018年10月9日にキャスト・監督・予告編が発表された。

2020年5月29日、日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で地上波初放送。同日朝の情報番組『ZIP!』で続編の制作が発表された。

2019年公開の邦画実写作品における興行収入1位を記録。

 

紀元前245年、春秋戦国時代、中華西方の国・秦に信と漂という戦災孤児で奴隷の少年がいた。2人は「天下の大将軍」を目指し日々剣術の修行を行っていた。そこへ大臣・昌文君が現れ、漂を王宮へ仕官させる。だがある夜、信の家に漂が深手を負った状態で戻り、漂は地図を信に手渡し命を落とす。

信は地図に書かれた場所へ向かい、その先で秦王・嬴政と出会う。信は漂が嬴政の影武者となったことで刺客に襲われたことを知ると、嬴政に敵意を剥き出しにする。そこへ刺客の襲撃を受けるが、信は漂の仇である刺客を討ち取る。嬴政は弟の成蟜と左丞相・朅氏に玉座を奪われ流浪の身であり、信や河了貂と共に嬴政は昌文君との合流地へ向かう。

途中現れた刺客をはね除け、3人は昌文君、壁の軍勢と合流を果たすが、そこで信は壁から漂の活躍を聞かされ、嬴政の王都奪還への協力を決意する。一行は山の民の協力を得るため、山界の王・楊端和の元へ向かう。そして嬴政は「中華統一」という自身の道を語り楊端和と山の民の協力を取り付け、王都・咸陽の奪還へ向かう。

王宮へと潜入した一行は嬴政・昌文君・楊端和らが囮として正面突破を図り、その隙に壁・信・バジオウらが王宮にいる成蟜・朅氏の首を狙う。信らは処刑人・ランカイを倒すが、宮殿には人斬り・左慈がおり、信は苦戦するも左慈を倒す。朅氏を討ち取り成蟜は逃亡するも、嬴政は成蟜を殴り倒し内乱の終結告げる。王弟側の将・魏興が抵抗するも、そこへ六大将軍・王騎が現れる。反乱軍を蹴散らした王騎は、嬴政に王の資質を見ると颯爽と立ち去る。こうして反乱は終結した。

-Wikipediaより-

 

2:興行収入は57億円、2も上映し、3は23年7月予定

長澤まさみがはまり役で、かっこよかった!



 

・長澤まさみがかっこいい

 

・吉沢亮の二役の見事さ

 

・山崎賢人のアクション

 

・みのむしこは橋本環奈

 

と前に書いたシンプルな感想ですが、スペクトル感があって、邦画でありながら、大迫力です。

 

 
 

#楽活!収入増やして人生を楽しく! - にほんブログ村

 

まとめ・感想

金額以上に楽しめる大規模原画展で、時間も忘れて楽しめます。

初めての人でもわかりやすく、これきっかけで好きになる人もたくさんいるのではないでしょうか。

宮城県で開催していますので、観光もかねて来てはいかがでしょうか。仙台市中心や観光地松島からもそれほど遠くないです。

 

 

 

rakukatu-singark.jp

キングダムで過去記事を検索したら「ラクガ」キングダムというクレヨンしんちゃんがキーワードとなっていました。

この記事を紹介したときは2作品見鑑賞でしたが、そのあとに見ました。どちらもいい映画でした(*^▽^*)

 

 

収入増やして楽しむ~#旅活~

 

ゼルダの伝説 原画展は石巻で開催されました!



 

rakukatu-singark.jp

 

 

原画展は、その作品を新たな角度からも感じることができて、たくさん思い出がある人も初見の人も楽しめます。その地域まで旅に出て、その地域の美味しい物を一緒にいただく、観光をするというのもいいですね!

 

 

 

収入アップして、生活を楽しみましょう。

 

 

 

 

クリックで応援お願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

 

 


サラリーマン・お小遣い稼ぎランキング

 

 

トレンドワードをつかんで、記事の人気を上げましょう!

trends.google.co.jp